エクストリームピクチャファインダー日本語版 アップデート履歴

Version 3.29.0.0
  • Project templates: store project settings for various websites in templates and re-use them automatically for new projects
  • Online project templates database - download and install project templates from the online library. Share your templates with other EPF users anonymously
  • Google search fixed
  • A lot of smaller improvements and fixes
Version 3.28.3.0
  • Another improvement of SSL support for HTTPS addresses
Version 3.28.2.0
  • HTTPS support improved
  • # character in URLs isn't ignored now
  • Several iterators in Custom Parsers are available now to make it possible to generate more URLs automatically
Version 3.28.1.0
  • Option allowing to accept or ignore cookies
  • Page processing speed optimization
  • Imgur.com search fixed
Version 3.28.0.0
  • Imgur.com search engine now supported
  • Animated GIF support in the image preview and in the built-in image viewer
  • Fixed a bug with "delete" function in the built-in image viewer
Version 3.27.4.1
  • Bing.com search fixed
Version 3.27.4.0
  • Fixed a bug that caused endless URL loops in some searches
  • Custom number of digits in the [ Save - Conflicts ] rename option
  • Program start-up time increased (when a project with big number of folders is selected)
Version 3.27.3.0
  • Fixed a small issue in the download module
Version 3.27.2.0
  • OpenClipart.org search engine download fixed.
Version 3.27.1.0
  • Fixed a bug in custom file naming. Now using "Parent page title for file name" actually works.
Version 3.27.0.0
  • New search engine supported now: OpenClipart.com
  • New section in the download project properties: Sub-folders with options for different ways of creating sub-folders inside the main Destination folder
  • New section in the download project properties: Excluded page parts which allows to skip certain parts of the web pages making it possible to speed-up the overall website processing time and skip unwanted downloads
  • Custom parsers updated. Now users can generate several URLs from a single Regular Expression match using loops
  • New Project Wizard now accepts as many Starting addresses (URLs) as required, not only one
Version 3.26.2.0
  • Google.com search fixed
  • Search results limit per search engine increased to 3000
Version 3.26.1.0
  • Ask.com search fixed
  • Minor interface improvements
Version 3.26.0.0
  • Unlimited number of search phrases in one search project
  • Configurable limit of search results downloaded from every search engine for each search phrase
  • URL Filters in searches
  • Option to save results of every search phrase in the project in a separate folder
  • TGP processing is improved - more sites and more gallery types can be processed now
Version 3.25.1.0
  • 内蔵ウェブ画像サーチエンジンのリストにYandex.comが新たに加わりました。
  • ダウンロード済リスト内にてファイル名で検索ができる新機能が付加。膨れたプロジェクトやサーチに便利です。
  • Flickr.comサーチをアップデート。
  • ダウンロードモジュールが更新され、さらに多くのウェブサイトを効率的に扱えるようになりました。
  • デフォルトのプロジェクトとサーチの設定が正しく保存できるよう修正。
Version 3.24.5.0
  • Flickr.comサーチを修正。
Version 3.24.4.0
  • フォーラムやソーシャルネットワークのようなパスワード保護ウェブサイトへの手動ログインのための改良されたクッキーサポート。
Version 3.24.3.0
  • 内蔵画像サーチでのマルチバイト文字のサポート。
  • Flickr.comサーチを修正。
Version 3.24.2.0
  • 内蔵Google.comサーチを修正。
Version 3.24.1.0
  • プログラムフリーズの原因となるサムネイル表示の問題を修正。
Version 3.24.0.0
  • パフォーマンスの大幅改良。すべての、特に10,000ファイルを超えて保存するプロジェクトのダウンロードがより一層速くなりました。
  • パースプロセスを改善し保存するターゲットファイル数を増やせるよう、内蔵ページパーサにユーザーによるカスタム正規表現の追加が可能になりました。
  • ファイルリストのエクスポート機能が更新: ファイル作成日とファイル作成日時カラムが利用可能に。さらに結果ファイルのカラム数3の制限がなくなりました。
  • 保存機能が更新: スタートアドレス1000個を含むプロジェクトが1秒足らずで保存されます。またプロジェクトのダウンロードプロセスも高速化されました。
Version 3.23.1.0
  • パスワード保護されたウェブサイト用のサポートが改善されました。URLの一部としてユーザー名とパスワードが送信されることはもうありません。基本認証情報を送信するために現在はHTTPヘッダーが使用されます。
  • 内蔵画像ビューワが改善されました。動作が速くなりメモリ消費量が低減されました。
  • デフォルトのサーチモードが"フルサイズ画像"になりました。
  • 内蔵サーチ機能にてフルサイズ画像とほぼ同じサイズの画像のみが"関連画像"として保存されるようになりました。サーチ結果にウェブサイトのグラフィック、アバターやその他の画像はもう入りません。また異なったフルサイズ画像どうしの重複した関連画像が保存されることもありません。
  • 大きめ画像のプレビュー時に"関連画像"がサムネイルとして表示されるようになりました。
  • "モニター"ウィンドウの情報強化 - ダウンロードごとのステータス表示が刷新され、それぞれのURLに対するプログラムの現在の動作状況が把握しやすくなりました。
  • ダウンロードプロジェクト設定ウィンドウ内の開始アドレスリストの新操作方法 - 一般テキスト(コピー/貼り付けを含む)の操作やリストの下の[インポート]、[エクスポート]、[アドレス生成]ボタンにてより簡便なアクセスが可能となりました。
  • 内蔵のAsk.comサーチが修復されました。
Version 3.21.2.0
  • HTTPSアドレスの問題を修復しました。
  • ダウンロード中止後に出現するプログラムエラーを修復しました。
  • いくつかのマイナーな問題を修復しました。
Version 3.21.0.0
  • HTMLフォームでのウェブサイトへの手動ログイン方法を大幅に改善し、もっと多くのサイトにログインできるようになりました。さらに、プロジェクトに記述した開始アドレス全てに毎回ログインする必要がなくなりました。エクストリームピクチャファインダーはあなたが既にログインしているかどうかを自動で判別します。
  • flickr.com サーチを修正しました。
Version 3.20.1.0
  • プロジェクトによるダウンロードに新機能。自動ダウンローダーを検知してアクセス禁止にするウェブサイトに対応するためダウンロード間隔のランダム遅延設定が可能になりました。
Version 3.19.0.0
  • 新しい"終了後の動作"オプションを追加。プロジェクト(またはサーチ)終了後、自動的にファイルリストをエクスポート。
  • ウェブ画像サーチにプロジェクトと全く同様の"終了後の動作"オプションを追加しました。自動で別のサーチを起動したり、ファイリストをエクスポートしたりなどの動作が可能です。
  • プロジェクトに再ダウンロード新機能を付加。どんなターゲットファイルでも右クリックで再ダウンロードできます。部分的にダウンロードした画像に有用です。
  • flickr.com サーチを修正。
Version 3.18.0.0
  • 異なるサーチエンジン毎の検索結果を別々のフォルダに保存する機能(サブフォルダは宛先フォルダ内部に作成)
  • ウェブ画像サーチにファイルの名前付け、衝突[矛盾]オプションの新機能
  • Bing.com サーチ修正
  • Ask.com サーチをアップデート (ソースページのURLの作動OK)
Version 3.17.1.0
  • Flickr.com サーチ修正
Version 3.17.0.0
  • コマンドライン引数サポートが加わり、エクストリームピクチャファインダーをWindowsタスクスケジューラで使えるようになりました。定期的に自動でプロジェクトやサーチを開始/アップデートすることが可能です。
  • Javaスクリプトで動作している一部のサイトでのダウンロード補助のため、ページ解読アルゴリズムが改良されました。
Version 3.16.0.0
  • 保存するファイルの名前に新オプションが追加。オリジナルURL全体をファイル名として使用可能です。
  • クエリ(問合せ)文字列を保存するファイル名に使う場合の新サブオプションが追加。選択したパラメータ値をフォルダ名として使用可能です。またファイル名に使用されたパラメータ値はパスとして扱われます。(フォルダ名も入れられます)
Version 3.15.3.0
  • プロジェクト設定に機能が追加され、保存 -> 名前付け にて保存するファイルの名前に親ページの番号が利用できるようになりました。
  • Flickr.com サーチがアップデートされました。
Version 3.15.0.0
  • "エクスポートファイルリスト"機能が追加され、カスタマイズ可能なファイルフォーマットにてダウンロード済みの全てのファイルやページのリストのエクスポートが可能となりました。
  • "アップデート"機能が改善され、"手動ログイン(HTMLフォームのウェブサイト用)"を用いるプロジェクトが便利になりました。
  • imagefapなどの画像ホスティングサービスからのダウンロードサポートが強化されました。
Version 3.14
  • Flickr.com が新しい内蔵サーチエンジンとしてサポートされました。
  • また今回のリリースでは"セーフサーチ"機能が新規に追加されました。
  • Ask.com と PicSearch.com のサーチ機能を修復しました。
Version 3.13.3
  • Bing.comサーチ機能を修復しました。
  • [ body ]タグからだけではなく、ページ内の全てのタグから[ background= ]タグ属性が抽出されるようになりました。
  • URLの最後に[ #something ]があった場合に、同じアドレスで無限ループに陥る不具合が修正されました。
Version 3.13.2
  • Bing.comサーチ機能を修復しました。
  • プロジェクトでのアップデートダウンロード適用時、ユーザーが削除したファイルの再収集を行わないように変更しました。
  • スクリクトタグの分析により .js やその他のスクリプトの収集・解析とスクリプト中のURL収集が可能になりました。
  • 探査深度制限のアルゴリズムを改善しました。今後は設定された深さで全てのリンクを解析し、設定深度+1に存在する対象ファイルを収集します。
Version 3.13.1
  • 内蔵サーチエンジンのリストにYahoo.comが新たに加わりました。代わりにYahooサーチ結果を利用していたAltavista.comとAllTheWeb.comをリストから除外しました。
  • サーチでのアップデートダウンロード適用時、ユーザーが削除したファイルの再収集を行わないように変更しました。今後は与えられた検索キーワードでの新しい結果のみの収集を試行します。